RPAの導入と活用による
業務自動化と効率化

「ソフトウエアロボット」ツールを活用して業務効率化や働き方改革を支援

RPAとは?

RPA (Robotic Process Automation、ロボットによるプロセス自動化)とは、
ソフトウエアロボットを使用した業務の自動化を進めるしくみです。
PCで行われる単純作業を自動化し、業務効率化、スピードアップ、コスト削減を実現する、
いまもっとも注目されているソリューションです。

本サイトではRPAの検討や導入にお役に立つ情報を提供いたします。

RPAと働き方改革

少子高齢化が進む日本において、将来にわたって労働人口の減少と人材不足は避けては通れない社会的課題です。加えて、長時間労働への規制や多様な働き方のサポートなど、現在多くの企業や組織において、時代に即した働き方を実現することは存亡にかかわる重要な課題になっています。それを実現するためには、情報技術を活用した業務の効率化は不可欠な要素となっています。

背景と企業の課題

組織における課題と業務効率化

情報技術を活用した業務効率化を実現するうえでの課題はどのようなものでしょうか。多くの企業や組織において、基幹業務に必要なデータの管理やコラボレーションのインフラはすでにIT化されていることが多いでしょう。しかし、大きな投資対効果が見込めないシステム間や組織間の「つなぎ」の業務や作業は人に頼っていることが多いのではないでしょうか。

RPAの適用業務

RPAの機能と特徴

RPAはこのようなPCで行われている作業的な業務を、ソフトウェアロボットによって実行される自動化された処理に置き換えます。PC上で処理を定義し、実行のタイミングを指定することで、PC上の操作を自動的に高速に処理します。これまでの自動処理のツールであったマクロは特定のアプリケーション内でのみ実行可能でしたが、RPAは作業する人の立場で処理を実行するため、PC内の作業であればアプリケーションをまたいだ処理も可能なのです。

SynchRoidの特長

RPAのメリット

RPAのメリットは人の作業に比べて高速であり、正確であり、かつ休んだり辞めたりすることがないということです。定型的な処理をロボットに任せることにより作業効率は飛躍的に向上します。この結果、これまで作業に従事していた人は、より人間でしかできない付加価値の高い業務にリソースを割くことができます。創造性が必要であったり、高度な判断が求められる業務に専念し、ビジネスに対する貢献を可能にし、組織全体の生産性を向上します。

Laptop Work-10.jpg

RPAの適用業務と導入事例

RPAはソフトウェアなので、あらかじめ動作を定義しておく必要があります。そのため、作業の内容や手順が明確に定義できる定型作業向けに利用するのが最も得意とする領域です。ホワイトカラーと呼ばれる業務の中には、このような定型業務が多く含まれています。特に金融機関では、大量の書類の処理などの業務があるため導入が進んでいましたが、最近では製造業をはじめ業種を問わず導入が進んでいます。

Laptop Work-10.jpg

RPAの種類と選び方

RPAを導入する際には、いくつかのポイントで検討する必要があります。RPAはツールであるため、まず製品の選定が必要です。デスクトップで実行するタイプやサーバーで実行するタイプ、両方に対応するもの、クラウドでの提供など、その利用形態をはじめ、対応するアプリケーション、提供されるサービス、価格体系、開発や保守のしやすさなどを考慮し、自社の環境に合う製品を選択します。特に実際の導入後の運用の方法なども長期的には重要なポイントとなります。ユーザー部門でも利用できる使いやすさと管理性を両立することも求められます。

Laptop Work-10.jpg

RPAの今後

RPAの技術は未来に向けてより高度な処理を実行できるようになることが期待されています。たとえば、機械学習のテクノロジーと連携し、判断を高度化したり画像認識によって処理を行うなどがすでに可能になっています。これにより、より対象業務の範囲が拡大し、その効果はさらに大きくなるでしょう。

製品の採用においては、将来的な戦略的な活用を見据え、コストだけでなく経営課題の解決のための基盤として成功できるようにぜひご検討ください。

Laptop Work-10.jpg