RPAとRDAの違いとは?

 2018.07.15  RPAチャンネル編集部

皆さんはRPA (Robotic Process Automation:ロボティック・プロセス・オートメーション)をご存知でしょうか?これはホワイトカラー(知的労働者)のデスクワークを中心に自動化するロボットソフトウェアであり、人が定義した作業手順に従ってパソコン操作を自動的に実行できるというものです。

昨年から急速に注目が集まったRPAは今、働き方改革を実現するための一手として数々の企業で活用が進んでいます。みなさんはRPAと合わせて出てくるRDA(Robotic Desktop Automation:ロボティック・デスクトップ・オートメーション)という言葉も目にする機会が増え、その違いについて混乱してしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はこのRPAとRDAの違いについてご紹介します。

RPAとRDAは基本的に同じ!?

結論から言うとRPAとRDAは基本的に同じソフトウェアを指しています。パソコンやサーバーにインストールし、自動化ロボットを開発してデスクワークの効率化を目指すものがRPAとRDAです。ただしちょっとした違いはあります。

それはRPAは業務自動化のためのロボットソフトウェア全般を指すのに対し、RDAはデスクトップ上の作業だけを自動化するロボットソフトウェアを指している、ということです。

RPAの導入形態は2通りあります。一つはサーバーにソフトウェアをインストールして、必要に応じて自動化ロボットを実行するパソコンを使い分けるという導入形態。もう一つはパソコン自体にインストールして、そのパソコン内の作業のみ自動化するという導入形態です。

どちららも業務プロセスを自動化するロボットソフトウェアなのでRPAには違いなのですが、最近ではサーバータイプとデスクトップタイプをすみ分けるという名目でRDAというワードが使われるようになっています。ロボティック・デスクトップ・オートメーション、つまり単一デスクトップに限定した自動化をRDAと呼ぶのです。

なので本稿ではサーバータイプをRPA、デスクトップタイプをRDAと定義して色々な要素を比較してみたいと思います。

RPAとRDA比較

それではRPAとRDAを7つの要素で比較していきましょう。

開発方法

RPAとRDAの自動化ロボット開発は基本的にデスクトップで行います。ソフトウェアをサーバーにインストールしている場合も、デスクトップにインストールしている場合もこれは同じです。ただし、開発方法に関しては導入した製品によって違います。実際の業務画面から作業手順を記録するものもあれば、プログラミングによって自動化ロボットを開発する場合もあります。これはRPAとRDAで違いがあるというよりも、製品ごとに違うためどちらが優位かは決められません。

端末操作

ソフトウェアをデスクトップにインストールするRDAの難点は、自動化ロボット実行中にパソコン操作ができないという点です。なので複数の自動化を同時に走らせたい場合は、それぞれソフトウェアをインストールしたデスクトップが必要です。一方、RPAはサーバーにソフトウェアをインストールするため、同時にいくつかの自動化を走らせることが可能で、実行中にパソコン操作も行えます。RDAで複雑な業務プロセスを自動化したい場合は、専用端末をいくつも用意しなければなりません。

ライセンスコスト

RPAとRDAを使用するためのライセンスコストには大きな違いがあります。たとえばソフトバンクが提供する「SynchRoid(シンクロイド)」の場合は、RPAとRDAのライセンスコストは次の通りです。

 

ベーシックパック( RPA)

ライトパック(RDA)

SynchRoidライセンス

10ライセンス

60万円/月

1ライセンス

90万円/年

操作マニュアル・保守サポート

RPAナレッジ (FAQ等)

導入時トレーニング (e-learning)※

個別御見積

検定試験※

導入支援ワークショップ

個別御見積

開発スキルトレーニング

開発エンジニア派遣

このようにRPAとRDAでは年間ライセンスにすると630万円の差がありますが、RPAでは10個のライセンスを提供しているのが特徴です。この他にも様々な機能さがあるため、必ずしもRDAの方がお得というわけではありません。SynchRoidではRDAをスターター向けのプランとして位置づけています。

実行方法

RPAとRDAは開発した自動化ロボットを実行することで業務効率を高めるこができます。ただし、実行方法に若干の違いがあるため注意が必要です。RPAはサーバーにインストールするので、サーバーが備えている管理機能によってスケジュール予約が可能です。たとえば1日のうち指定した時間になったら自動化ロボットを実行したり、単発で指定した日時に実行するということもできます。一方でRDAはユーザー自身が実行しないといけない、という特徴があります。スケジュール予約で実行されることはないのでその分手間が多くなるでしょう。

業務範囲

ソフトウェアをインストールする場所がサーバーかデスクトップかだと、自動化できる業務範囲も変わってきます。たとえばRDAの場合は、インストールしたデスクトップ上で完結できる業務しか自動化できません。大規模な業務プロセスを自動化したい場合は、デスクトップ同士を連携させる必要があります。それに対しRPAはサーバーにインストールし同時に複数の自動化を走らせることが可能なので、大規模な業務プロセスにも特別な連携なく対応できます。

管理機能

RDAの難点の一つはサーバー側で集約管理ができないということです。ソフトウェアは各デスクトップにインストールされているので、複数のRDAが存在する場合それを一元管理することはできません。なのでユーザー部門だけで運用を進めてしまうと思わぬトラブルが発生することがあります。RPAはというと、すべての自動化ロボットをサーバーで一元管理できるので、ガバナンスの維持にも貢献します。

開発制限

ソフトバンクのSyncRhoidの場合、RPAでもRDAでも自動化ロボットの開発数に制限はありません。社内業務で自動化できる部分ならば、いくらロボットを開発してもライセンスコストは同じです。ただし、前述の通り同時に実行できるか否かが違うので注意しましょう。

RPAとRDA、どっちがベスト?

RPAが良いか、RDAが良いかは企業が置かれている環境によって違います。たとえば従業員数数名程度の企業なら、RDAだけでも十分な効果が得られるはずです。ただしRDA実行用の端末を用意しないと、RDA実行中に従業員の手が止まることになります。

一方で従業員数が10名以上になると自動化できる範囲も拡大し、高い効果が期待できるためRPAの導入がおすすめです。IT人材がいないという企業でもクラウドコンピューティングを利用してサーバー上にRPAをインストールできますし、操作が簡単な製品を選べば運用は難しいものではありません。ただし、大規模な業務プロセスの自動化となると本格的な開発は必要です。

皆さんの企業には、自動化できそうは業務がどれくらいあるでしょうか?RPAとRDAによる業務自動化効果が気になるのなら、自社でどれくらいの効果が期待できるか一度試算してみましょう。さらに、RPAおよびRDA導入の際はユーザー部門主体で運用できるSyncRhoidをぜひご検討ください。

RECOMMEND関連記事


RECENT POST「導入検討」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!