RPAがロボットといわれる理由は?

 2018.02.15  RPAチャンネル編集部

近年、注目されている自動化ソフトウェアのRPAは「Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の略です。RPAが「ロボット」と言われているのには、従来の効率化ソフトウェアにはない新しい利点があるからです。

今回はこの利点を「人」と比較しつつご紹介します。

【RPAと人の違い①】操作の正確性

プログラムと人間という基本的な違いはさておき、RPAが行う業務と人が行う業務の違いはまず「正確性」にあります。人というのはどんなに優秀な人材でも、あるいはどんなに注意していてもミスを起こすものです。業務を行うのが人である以上、ミスが起きる可能性はゼロではありません。

それに対してRPAはロボットなのでミスは起こしません。特にRPAは人工知能のように自律的に判断したりするのではなく、与えられた操作手順や条件に従って行動します。そのため、決まったルールに従ってひたすら処理するような処理においては、人が起こすようなミスは起こらず、操作の正確性が高いという特長があります。

バックオフィス業務の中には単純作業であっても一つのミスで大きなダメージを受けることがあります。RPAなら信頼して様々な業務を任せられるでしょう。

【RPAと人の違い②】離職リスク

終身雇用制度が事実上崩壊し、人材の流動性が高まっている中、今ではキャリアアップのための転職は当たり前になってきました。加えてフリーランスの増加など、人の働き方はどんどん多様化し、変化していきます。そうした中、日本では労働人口減少の時代を迎え人材確保が一層難しくなっている時代です。

そこで懸念すべきことが「離職リスク」です。新しく入社した社員も、仕事を覚えた頃に他社に転職してしまったりしては、せっかく人材にかけた費用も水の泡になってしまいます。新し人材を確保するためにはさらに費用がかかるため、現代社会における離職リスクは非常に高い傾向にあります。

特にRPAが得意とする単純作業はモチベーションを保つのが難しく、キャリアへの不安やそれにともなう離職を引き起こしやすい領域でもあります。

こうした離職リスクを避けるためには、新たに人材を確保するのではなく離職リスクの無いRPAが効果的です。RPAは離職リスクがないため、RPAへの投資は必ずリターンされます。

【RPAと人の違い③】労働時間

労働基準法では1日の基本労働時間は8時間と定められています。それ以上の時間は時間外労働となり、別途割増賃金(いわゆる残業手当)を支払うことが義務として規定されています。そのため企業としては、できる限り多くの人材が定時を超えないようにしたいと考えます。またこれまでは36協定により実質的に無制限にできた時間外労働への規制が予定されており、働き方改革の流れと相まって長時間労働は一層是正せざるを得ないでしょう。

対してRPAは、当然ですが労働基準法の対象ではありませんので、その稼働時間に規制は設けられません。さらに24時間365日に稼働しても残業代どころか給与すら発生しません。夜中のうちに必要な作業を実行してもらって、朝には操作が完了しているように開発することもできます。つまりRPAは、人では実現不可能な労働時間を実現するツールでもあるのです。

【RPAと人の違い④】費用

企業が負担する経費の中で最もコストがかかるのが「人件費」です。人を一人雇用するためには、月給の1.5~2倍のコストがかかると言われています。たとえば、月給30万円の人材を雇用するためには、毎月45万~60万円のコストがかかるというわけです。ちなみにこの費用は福利厚生の種類や有無によっても異なりますが、社会保険などの法定福利費は一定の割合でかかります。

では、RPAはどうでしょう?例としてソフトバンクが提供する「SynchRoid(シンクロイド)」の価格体系をご紹介します。

≪SynchRoidの価格体系≫

 

ベーシックパック

ライトパック

SynchRoidライセンス

10ライセンス

60万円/月

1ライセンス

90万円/年

操作マニュアル・保守サポート

RPAナレッジ(FAQ等)

導入時トレーニング(e-learning)

個別御見積

検定試験

導入支援ワークショップ

個別御見積

開発スキルトレーニング

開発エンジニア派遣

毎月のコストだけで見ると、「SynchRoid」は月額60万円で導入できます。もちろん、開発できるRPAは無制限であり、多くの業務でRPAを稼働させることも可能です。先述して人件費と合わせて考えてみると、「SynchRoid」は月給30万円の人材一人とほぼ同水準のコストで導入できます。

月の平均労働時間が184時間(8時間×23日間)だとすると、RPAによって184時間分の工数削減ができれば人材一人を雇用するよりも安く、効果が高いということです。この184時間は一見して多いように感じるものの、RPAによってそれ以上の工数削減に成功した企業は珍しくありません。

たとえば大手銀行では、RPA導入によって年間8,000時間の工数削減に成功しています。これは人材4人分の年間労働時間に相当し、人件費に換算すると2,160万円~2,880万円の削減に成功しているということです。

中小企業においてもRPA導入によって200時間以上の工数削減に成功した事例は数多くあります。

【RPAと人の違い⑤】扱いの容易性

人には感情があり、完全にコントロールすることは不可能です。人によって向き不向きもあるので、業務の習熟度の差もでます。企業の中で最も扱いが難しいのはITシステムでも何でもなく人材です。だからこそ、余計にコストがかかります。

一方RPAの扱いはというと、製品ごとに定められた開発方法に従って自動化プログラムを開発するだけです。「SynchRoid」ならGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)ベースで操作できるため、ITスキルが低くても業務効率化が行えます。

【RPAと人の違い⑥】任せるべき業務

ここまでRPAと人の違いを5つ紹介しました。それらの違いを見ると、従業員を一人雇うよりもRPAを導入した方がいいじゃないか、と思われたかもしれません。しかし、RPAにもできないことはあります。

たとえばRPAは非定型業務の自動化は苦手です。マーケティング戦略のように、人が考え行動するような部分は当然自動化できません。RPAはあくまで効率化ソフトウェアであって人工知能ではないからです。最近ではRPAと人工知能を組み合わせた製品も登場しているものの、人が考え行動するようには到底動いてくれません。

反対に、人が行わなくてもいい機械的な業務に関してはRPAで大幅に効率化できます。よくいわれるのが「ホワイトカラー業務」および「バックオフィス業務」です。これらの業務には、日次や週次、あるいは月次で定期的に発生する業務が多く、手順もあらかじめ決まっているものばかりです。

RPAが活躍するフィールドはまさにこうした業務であり、人から機械的な業務を取り除いてくれます。そうすることで、組織全体が経営活動に直結する「コア業務」により注力でき、従業員は人でないとできない判断力や創造性を要求されるような業務に集中することができます。これにより、より人材のモチベーションを高めるという好循環を生み出し、効率良く企業の成長を促してゆく基盤となるのです。

RPAは人の仕事を取らない

2045年には人工知能が人の脳を越えるといわれており、それにより人の仕事が無くなるのではないかと懸念されています。しかしRPAは本来人にしかできないような仕事を代替したということはなく、むしろ膨大な単純作業から解放されて、難しい判断を伴う業務やなにかを創り出したり、人同士のコミュニケーションにより集中できることによって生産性が飛躍的に向上したという事例ばかりです。RPAは人の仕事を補完する役割があり、活用次第では非定型業務の中の定型的な部分を自動化して、全体を効率化することもできるでしょう。皆さんの企業や組織では、生産性や人材活用というテーマに対しどのような問題を抱えていますか?その問題を解決するのは、もしかするとRPAというロボットかもしれません。

RECOMMEND関連記事


RECENT POST「市場動向」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!