RPA活用シーン

ソフトバンクが提供するRPA「SynchRoid」を活用するメリットとご利用シーンをご紹介します。

働き方改革/業務効率化

働き方改革には多様な側面がありますが、その中の一つが労働時間の削減でしょう。これを実現するには、業務時間の短縮化と業務効率化を合わせて実現しなければ、アウトプットの減少と業績に悪化を招きかねません。RPAを活用することにより、大きな労力と時間をかけてきた定型的な単純作業を自動化、効率化することで、従業員は本来その力を発揮するべき業務に集中することができます。これにより、全体の人が行う業務量の削減ができ、無理のない働き方改革の基盤となります。

働き方改革/業務効率化

コスト削減

これまで定型的な業務のために担当者を確保していた企業や組織も多くあります。しかしながら人材不足による人件費の高騰などにより、そのコストは上昇傾向にあります。定型的な処理をRPAで代行することにより、人の確保や人件費を抑制してコスト削減につなげたり、同じコストでもより生産的、創造的な業務にリソースを割いたりすることが可能になります。

コスト削減

品質向上

定型的な業務を自動化することにより、ヒューマンエラーや故意による不正行為を防ぐことが可能です。承認フローに基づく処理や、書類の作成等において、人が行う限りはこのような事態を完全に防ぐことは困難です。また、それを防ぐための確認作業や監査業務に多大なコストと手間を要します。RPAは疲れることもないため、24時間365日同じ品質で処理が可能で、品質とスピードの向上を両立します。

品質向上

効率化する作業の例

RPAはルールに基づいて行われる処理を、アプリケーションを横断的に処理することが可能です。一般的には、データ入力、集計、レポート、検索、データ抽出、データチェック、データやファイルのアップロード、ダウンロード、Webクローリングなどが主な処理の対象です。

経理・財務

経理・財務

  • 請求・支払いデータ入力
  • 固定資産台帳管理
  • 振替伝票処理
総務

総務

  • セキュリティカード設定
  • 賃料等支払処理
  • 決済情報の集計・分析
人事

人事

  • 残業日報
  • 人事情報修正
  • 社員情報の登録
営業事務

営業事務

  • 申込書入力
  • 経費申請
  • 物販見積り

充実したサポート体制

ソフトバンクでは導入時に必要となるスキルを身につけていただくためのサポートとして、
トレーニングや支援サービス、検定試験などを提供しています。

導入トレーニング(e-learning)

導入トレーニング(e-learning)

汎用的な開発スキルを習得していただくためのe-learning形式のトレーニングです

開発スキルトレーニング

開発スキルトレーニング

開発者向けのオンサイトでの集合型研修及び
ワークショップです

導入支援サービス

導入支援サービス

導入にあたって必要なRPAの特長や特性の理解、
対象業務の選定方法、開発手順の標準化などを
支援します

検定試験

検定試験

RPA開発者としてのスキルレベルを判定し、
プロフェッショナル認定をします